『今月の厳しい予定を4つ入れると楽しくなる。』忙しくなって集中できる。

2019年12月2日

いつも拝見頂きありがとうございます。

4月から『働き方改革』が施行される流れから
各企業は、従業員の働き方をより細かく見る必要がございます。
やはり業績悪化を危惧する企業も出てくるのではないでしょうか。

もちろん企業だけではなく個人でも働き方を変えなくては
いけない時期にさしかかっているのではないでしょか。
そのためにも個人で効率よく業務を進めるよう改善が必要です。

でも効率よくって考えると難しいです。本を読んだり
効率よさそうな人のマネしたりしてしてるけど
何も変わらないって人多いのではないでしょうか。

私もその一人です。今回は私が強制的に効率を考える
ようになった方法を書きたいと思います。

厳しい内容の予定を4つ入れて勝敗で考えると楽しい。


以前のとある月に厳しい内容のスケジュールが重なった時が
ございました。まず会社の決算関係の業務、そして資格試験2つ、
業績の関係で予算が急に上がっての必達ってのが重なりました。

この時は、仕事で家に帰ったら勉強と大変な状況でした。
まず勉強時間の確保これをしないとどうしようもない。
休みだけでは足りないので残業しないようにするって決めました。

そうなると仕事の効率を上げないとどうしようもない。
でも売上を作るためにはじっくり戦略を立ててしないと難しいとか
普段考えてるけど行動できてない事を強制的に実行するしかなかったです。

完璧主義の私もこの時は、100点を75点ぐらいの出来にして
数値を作り帰ってからは合格点よりちょい上を目指して勉強しました。
妥協していた部分もありますが、これが自分の効率化なんだなと感じました。

そして勝敗を勝手に設定しました。この時は2勝2敗でした。
試験2つしっかり落ちてしまいました。でも次は勝率を上げてやるって
気持ちが持ててモチベーションもあがりました。

集中してるから周りが気にならない。忙しくないから周りが気になる。


周りが私のこと何か言ってるかも?とか悪口言われてる?とか
気にする人多いと思います。もちろん考え過ぎてるってのもあるし
目の前の事に集中できていないってのもあります。

これは言ってる奴、言われてる人両方に言える事です。
集中してたら追い込まれてたらそんな事は考えてる暇なんて
ないんです。

まず自分を追い込んでみる。できなくてもいいです。そこで集中を
覚えてとことん自分の世界に入ってみる。そうすると周りがどうこう
言ってようが気にならなくなります。

厳しい予定を強引に入れてみるのもいいかもしれません。

拝見頂きありがとうございます。