『2ヶ月毎日走り続けて何が変わった?』ポジティブになり自信がついた。

2019年12月2日

いつも拝見頂きありがとうございます。

年齢も30代半ばになり体力の低下が目に見える
ようになりました。昔は仕事でも無茶してオールナイト
状態でも踏ん張りが効いたのでが今は無理です。

若い頃はそんな事考えてなかったし30代なったら
体力落ちてくるでって先輩方の話もそ俺はそんな事ない
って感じで話半分で聞いてましたが、まじでやばいです。

そう考えた私は最近は仕事帰りに走るようにしました。
ふた駅分程2ヶ月程ずっと走って家に帰ってます。
帰ってからは体幹ローラーで数十回コロコロしてます。

今は走らないと気持ち悪い感じになってきたので、
習慣化に成功してるのかなと感じます。今回は走り続けて
変化した事を書きたいと思います。

身体的変化はある。体が軽くなった感じです。


まず変化として感じたのが、体が軽くなった事です。
前はなにか重たいっていうかそんな感じで日々を過ごして
いました。とにかくどんよりした感じです。

走り初めて一週間ぐらいでその変化が現れました。
その後は軽い感覚があたり前になってイマイチそこから
変化したってのは感じられなくなってるのが、今の状況です。

これからも走り続ける事で更なる軽さにステップアップしていくのかな
と思いながら走り続けてます。あとお腹がちょっと凹んだかな
ってのも感じました。でも横っ腹はあんまり変わってないです。

もちろん足取りも軽くなりました。前は足に力が入ってないって
感じでしたが、地に足がついてるって感覚があります。
体が軽くなって足に力が入るようになったのが最初の変化です。

息切れがしにくくなった。電車に間に合うために走っても疲れにくくなった。


私の事情なんですが、朝のトイレが長いんです。
そしていつもギリギリだから電車に乗り遅れるリスクが
異常に高いんです。時々ですが大変です。

そしてそうした日は駅まで猛ダッシュです。走る前は
数分で息切れして諦めてた所でしたが、今は軽快に走って
強引に間に合わせる事に成功してます。

これも毎日走ってる効果ではと私は考えてます。
昔はもう諦めてて全てがギリギリ間に合えばいい
って考えでしたが、それもなくなりました。

諦めない気持ちを改めて思い出す事ができました。

体力が付く事で自信とポジティブな気持ちが芽生えてきた。


先程のように身体面もそうですが、精神面も変化がありました。
そう『自信』がついた事です。前はなんかどんよりしてた分
自信ってのがイマイチ持つことができませんでした。

更に体を鍛えたら自信も付くって事をあまり信用していなかった
部分もありました。でもそうじゃなかったって事を実感してます。
あと自信が持てた分ポジティブに少しですがなれました。

やはり体を動かくってのはいい事です。

でも継続するのは難しいってのもあります。
ネットなんかでは、100回走ったら世界が変わるみたいな
事書いてたけどそれって確証がないです。

継続する方法はそれをやることで自分が変化している事を
体感していくってのが秘訣なのかなと考えてます。
目標を定めるのも重要ですが、それをする事による変化を感じる。

変化を感じればもっと変化したいって気持ちが芽生えます。
それが糧となり継続へとつながると私は確信してます。

拝見頂きありがとうございます。