『女性の部下に嫌わえる男性上司の特徴は?』意中の女性へのアプローチする感覚が必要。

2019年12月2日

いつも拝見頂きありがとうございます。

30代になると管理職につく人って結構多いです。
部下を持ちそして責任ある立場になり仕事も
以前より難しくなります。

そしてなにより問題となって発生してくるのが
『人間関係』ではないでしょうか。部下は上司を選べないし
上司は部下を選べないって言葉はその関係性の難しさを表してます。

特に女性の社会進出が著しい現在では、女性の部下もしくは上司を
って関係が当たり前となってます。特に旧来的な考えで接していると
セクハラやらパワハラにつながるケースもあり大変な事になります。

人との接し方も時代と共に変わる事を認識して、取り組んでいかないと
自分の首を絞める事に繋がります。改めて女性に嫌われる上司について
考えてみたいと思います。

身だしなみがダメすぎて不潔感が出まくってる上司。


社会で働いてるならそんなの当たり前って話なんですが、
やはり女性は男性よりその目は厳しく見ています。
最初の印象を決定付ける重要な部分でございます。
スーツがしわしわ、靴が汚い、体臭がするとかエチケットの
部分をしっかりしないと嫌われてしまいます。女性は言わないけど
徒党を組んでそうした話をして噂を飛ばします。
そうなると関係ない所からも嫌われてしまうので要注意です。
なでしこジャパンを世界の強豪へと押し上げた前監督の『佐々木則夫』さんの
著書でも身だしなみってのは重要な位置づけにされてたと書いてます。
コミュ二ケーションも大切だけどその前の印象はもっと重要です。
今一度身だしなみを整える重要性を認識していきましょう。

体育会系ノリで同じように接してしまってるのも問題です。


男性ばかりの部下だったらこうした体育会系の感じは
意外とハマったりします。でも女性に同じような事をすると
勿論嫌われてしまいます。

私の上司にもそうした人がいます。私たちは男性からは超厳しい
体育会系ですが、部下の失敗はカバーするし会社としての
方向性に間違いがあれば上にも指摘するすごい人です。

でもこうした人は、女性を部下に持つと評価が極端に下がります。
なぜなら体育会系のノリが通用しなくなるからです。男性特有の
オラオラノリが通用しないからです。

男性ならそうしたノリから絆が強くなりますが、女性からすると
引かれるだけです。むしろ女性の部下をもった瞬間に
どエライ事になってしまいます。

やはり柔軟な対応をしていかないと自分の評価を下げてしまう
流れがあります。

恋愛的アプローチをする感覚が重要で女性としてみるべき。

女性の部下に嫌われる上司の特徴って、やはり女性として扱ってない
ってのが、根底にあるのかなと私は考えます。部下ってのもあるけど
まず女性なんだって視点が欠如してるから色々な問題が発生します。
職場で意中の女性がいたとしましょう。その人が困ってたら助けるだろうし
髪型変えたらいい感じやん的なん言うと思います。その意中の女性に対する
アプローチ的感覚を女性の部下に対してもやるべきだと考えます。
何もアプローチして口説いて違う意味の上司と部下になれってわけじゃ
ないです。きめ細かい対応が必要って事です。
広く浅く恋愛的アプローチで接してみるのも関係を強固にする1つの
方法だと考えます。でもそれには身だしなみ等の改善を
先にしないと効果は発揮しないので気をつけてください。
拝見頂きありがとうございます。