『着るだけでは加圧シャツの効果なし?』過剰な宣伝と苦情から是正案件となってる。

2019年12月2日

いつも拝見頂きありがとうございます。

まだ寒い日が続きますが、桜の開花も見られるようになり
春が近づいています。暖かくなってくると運動をする人が
増えてきます。

私の仕事でもスポーツ用品を扱っておりアウトドア商品や
トレーニング用品なんかも売上が上がってきます。
夏に向けた体作りを男女共に始める時期でもあります。

「着るだけで筋肉」に"待った" 消費者庁が措置命令(ホウドウキョク) – Yahoo!ニュース

「着るだけで筋肉がつく」などとうたうシャツに、消費者庁が"待った"。 都内にあるスポーツジム「CALADA LAB.」。 ・映像でわかる「「着るだけで筋肉」に"待った" 消費者庁が措置命令」 「CALADA LAB.」の比喜一雄代表は、「(どこを鍛えているんですか?)胸と腕の後ろ側の筋トレをしています。(どれくらいの重さ?)これは35kgのラストの追い込みです」と話した。 …

そうした中今回ネットニュースでは『加圧シャツ』の景品表示法違反で
消費者庁から再発防止の措置命令が下った内容がございました。
通販なんかでも色々な種類の加圧シャツが販売されております。

ある意味トレーニング用品としてあたり前な商品となりました。
じゃあなんで今頃そんな話が出てきたのか?そこの所を
書いていきたいと思います。

加圧シャツは効果がない?なぜ体型が変わらないのか?

まず前提として加圧シャツを着ただけでは、筋力が付くとか痩せるって
事はほぼないです。ほぼないと言う理由は、人によっては痩せた事例が
あるからです。
実際私の職場の人が痩せたと言う報告がありました。人それぞれで
効果は違います。でも共通して言えるのは姿勢矯正にはなります。
私は着たけど効果はまったくなかったです。
でも着ていると姿勢はよくなりました。人によっては首筋が締め付けられてるやら
緩くて普通のシャツと変わらないやら様々な意見があります。
でも姿勢は矯正されてる感じがするのは皆感じています。
結局着ただけでは、見た目が締まったようにみえますが、
実際は鍛えられてません。加圧シャツを着てそしてトレーニングする
のが一番効果が得られる流れでございます。
じゃあなんで着たら鍛えられるみたいな宣伝が多いのか?

効果の実証が広がりすぎて業界として下火になっている。



ネットなんかでも一時期すごい勢いで広告とか出てましたが、
今はそうでもないです。その理由としては、『ブーム』が終焉を
迎えてあたり前となってきている背景がございます。


加圧シャツってカテゴリーが出てきたのは3、4年前です。
この健康器具ってのはブームは勢いがあるけど終わるのも
早い所がございます。


どこの量販店にいっても加圧シャツって目立つ場所で、
販売されてましたが、今はこじんまりとしてる所が多いです。
それだけ実店舗でも売上が取りにくい商品となっているからです。


そうなるとメーカーとしては稼ぎ頭が、売れなくなるって
負の連鎖が発生致します。更に効果の実証がクチコミなんかで
出回っているため売りにくくなってる背景もございます。


そのため若干過剰な謳い文句で売り出さないと厳しくなって
しまったのではないかと私は推測します。

宣伝が過剰なのとクチコミと苦情から今回の是正となってしまった。


3、4年前に発売された加圧シャツがなんで今頃消費者庁から
注意を受けたかって考えると業界としての下火な背景と
まだ市場拡大が見込めるのではって考えのメーカーのギャップが原因と考えてます。

メーカーが攻めまくって過剰な謳い文句で販売実績を上げようと
したけど消費者からの苦情とクチコミの状況から今回のような
話になったのではないでしょうか。

元々は日頃の動きでトレーニングできるってのが加圧シャツの
機能でございました。ブームだった頃はそこまで攻めた感じでも
なかったです。

各メーカーが機能について記載している事は、問題はないです。
でも過剰な宣伝をしてしまってるメーカーもしくは個人が
存在しているのも確かです。

ユーザーとしては、まずしっかりと調べて購入するべきです。
間違っても着ただけで筋肉はつかないのでそこは理解するべき
かなと私は考えます。

拝見頂きありがとうございます。