『40代に向けて考えるべき事。』体を鍛え知恵を増やし古い考えをなくそう。

2019年12月2日

いつも拝見頂きありがとうございます。

以前に2ヶ月ランニングを続けた事で得たメリットに
ついてブログを書きましたが、なぜ体を動かす事を
やろうって思ったかを書いていきたいと思います。

私は今35歳です。仕事でも中堅扱いであり上に下に
圧力をかけられるポジションにいます。毎日ストレスフルな
生活を満喫しております。

そして家では二人の子供の父として頑張っております。
平日休みなので、子供とよく公園に行ったりと
土日休みじゃないなりに子供とコミュ二ケーションをとってます。

30代も半ばになり感じたのが、老け込んだ親でいたくないって
のを感じたからです。上の子の参観に行くとやっぱ若い親ってのも
多いです。下の子の保育園だともっと多いです。

子供が望んだ事じゃないけどやっぱ親としては、
若い雰囲気のほうがええよなって自己満足的な所から
体を鍛えようって考えにいたしました。

後はやはり40代へ向けた準備も兼ねています。
今からでも体の基礎を作っておいて健康的な40代を
迎えたいと考えてます。

40代をよりよいスタートで迎えるためにはやはり体を鍛える事です。


あたり前ですが、やはり『健康管理』をしてないとどうしようもないです。
健康診断でもバリウム飲まないといけないし診断結果も
かなりシビアな結果になる歳でもあります。

40代までは健康なんてどうにでもなる的な考えで突っ走ってると
大変な事になります。よく40代で食事制限してるけど体重減らない
とかって話聞きますが、代謝も低下してるのに20代の方法じゃ結果でないです。

40代から健康管理を初めて遅くはないけど結果はなかなか
ついてこない。我慢の時期が続きます。我慢できずにダラダラして
気づいたら50代で更に体動かないなんて事もありえます。

40代をよりよくするためには30代で体を動かく習慣を
作っておく事が大切です。

知恵を増やして40代をうまく切り抜ける事が重要。



仕事で言うと管理職的なポジションになってる方も多いです。
そうなると色々な問題がありそれを乗り越える知恵が
必要となってきます。

その知恵を養えるのも30代の間にしておくと40代を
うまく過ごせると私は考えてます。本を読むのもいいし仕事でも
責任ある業務を率先してあり成果をだしたり失敗したりするのもいいです。

仕事以外のことにも触れてあらなた収入源を増やしたりするのもありです。
そのためにはやはり30代から動いていないと厳しいってのがあります。
40代からでもできる人もいます。

でもやはり30代と比べると熱量みたいな物を失っていく事に
なる恐れもあります。30代から何か信念ってか考えを作って
置かないとブレた人生を歩む事になります。

考えは常に色々あるとしかして古い固まった意見をなくしていく。



ブレない考えもそうですが、バランスよく柔軟な考えも
必要ではにでしょうか。イマドキの若者はどうなってる?なんて
思う事が年老いてしまってる状態となります。

もちろんそれは相手にも伝わってしまうので注意が必要です。
凝り固まった考えを柔らかくするのも30代から始める事が
重要でございます。40代からだとやはり固定観念や年も年だしってなります。

そうならないためにも若い考えに触れて体験してみる事がいいです。
職場に同じ歳のスタッフがいます。仕事っぷりや態度はもはや思春期なみの
めんどくさい奴です。でも若く見られたい思いは人一倍なのですごいです。

若い子と積極的に関わっており服装も同じ歳からいだつした若い感じです。
顔は年相応だけど周りからは若く見られます。多分こいつは40代になっても
同じような状態だろうと想像できます。

でも年寄り若く見られるのも確実です。この人物みたいな生き方は
嫌やけど若く見られる秘訣みたいなのは理解してます。
古い考えを持ってない行動だと私は感じます。

なにより40代を楽しく過ごすためには体を鍛える。自分の考えや信念を
明確にする。古い考えをなくしてちょっとズレた行動で若い考えに
触れてみる。ってのが必要だと考えます。

拝見頂きありがとうございます。